1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 宗教 > 
  4. イスラームと女性

イスラームトジョセイ

イスラームと女性

発売日 2011/06/14

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05210-0

ページ数 252 頁   Cコード 0314

定価 2,750円 (本体価格2,500円)

カタログダウンロード

内容紹介

誤解されることの多いイスラームにおける女性の立場だが、8つの論考によってその等身大の姿を紹介する。日本人ムスリマの知識獲得、日本におけるムスリム家族の生活、ムスリム夫婦の役割、日本でのムスリム子育てのあり方、イスラームにおける古今の女性の位置づけ、ヴェール論議、メディアの報道などを考察し、等身大の姿を紹介する。

著者紹介

河田尚子 (カワダナオコ)

聖トマス大学非常勤講師、世界宗教者平和会議日本委員会婦人部会委員、同難民委員会委員

永井彰 (ナガイアキラ)

日本ムスリム協会理事、日本イスラーム文化センター理事

金山佐保 (カナヤマサホ)

山梨ライトハウス職員

松山洋平 (マツヤマヨウヘイ)

国語大学大学院総合国際学研究科博士後期課程、日本学術振興会特別研究員

松山朋子 (マツヤマトモコ)

『ムスリム新聞』編集責任者

リーム・アハマド (リーム・アハマド)

上智大学大学院グローバルスタディーズ研究科在籍、NHK衛星放送部報道局アラビア語同時通訳者

前野直樹 (マエノナオキ)

アラビア石油(株)総務部勤務、イスラミック・サークル・オブ・ジャパン日本人部代表、日本ムスリム協会布教委員

水谷周 (ミズタニマコト)

1948年生まれ。京都大学文学部卒。カイロ大、ロンドン大を経て博士号取得(現代イスラーム思想史、ユタ大中東研究所)。イマーム大学東京分校学術顧問、日本ムスリム協会理事、現代イスラーム研究センター理事、日本アラビア語教育学会理事、国際宗教研究所顧問などを務める。編著書に『アラブ民衆革命を考える』 2011年、『イスラーム信仰叢書』全10巻、2010~2012年(以上国書刊行会)、『イスラームの善と悪』 2012年、『現代アラブ混迷史』 2013年(以上平凡社新書)、『イスラーム信仰概論』 2016年(明石書店)など。

齊藤力二朗 (サイトウリキジロウ)

日刊ベリタ記者、アラビア語の翻訳業、拓殖大学イスラーム研究所顧問

目次

  総編集者のことば(水谷 周)
  はじめに(河田尚子)
Ⅰ 日本人ムスリマの諸相
  河田 尚子 日本人ムスリマのイスラーム知識獲得
  永井  彰 ムスリム家族の日本経験――アジアの視点から
  松山洋平・松山朋子 日本人ムスリム夫婦と日本社会
  金山 佐保 日本で楽しくムスリム子育てをするには
Ⅱ ムスリマのあり方をめぐって
  リーム・アハマド イスラームにおける女性の位置づけ――エジプトを中心に
  前野 直樹 クルアーンの中のムスリマ
  水谷  周 ヴェール論議と現代日本
  齊藤力二朗 メデイアに見るイスラーム女性の姿

同じ著者・訳者の作品

1日1課のアラビア語

1日1課のアラビア語

水谷周

定価1,650円(税込)

本書の目標は、教養人のレベル。新聞の社説に知らない単語は数個のみ、普通の手紙は楽…

アラブ人の世界観──激変する中東を読み解く

激変するアラブに予測不能なトランプの登場。アラブ人の世界観にフォーカスし、わかり…

アラブ民衆革命を考える

アラブ民衆革命の真実を知るために、現代日本の学識や経験豊富な研究者達の英知を結集…


>> もっと見る

ページトップへ