1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 宗教 > 
  4. イスラーム建築の心

イスラームケンチクノココロ

イスラーム建築の心

マスジド  

水谷周 総編集
樋口美作 協力
水谷周

発売日 2010/12/14

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05208-7

ページ数 210 頁   Cコード 0314

定価 3,080円 (本体価格2,800円)

カタログダウンロード

内容紹介

重要なマスジド(モスク)の意義を概説し、日本をはじめ、イスラームの歴史に沿ってアラブ諸国~世界中のマスジドをカラー写真を多数用いて紹介する。

著者紹介

水谷周 (ミズタニマコト)

京都大学文学部卒、博士(ユタ大学)。(社)日本宗教信仰復興会議代表理事、現代イスラーム研究センター副理事長、日本ムスリム協会理事、日本アラビア語教育学会理事、国際宗教研究所顧問など。日本における宗教的覚醒とイスラームの深みと広さの啓発に努める。
『イスラーム信仰概論』(明石書店 2016年)、『イスラームの善と悪』(平凡社新書 2012年)、『イスラーム信仰とその基礎概念』(晃洋書房 2015年)、『イスラームの精神生活』(日本サウディアラビア協会 2013年)、『イスラーム信仰とアッラー』(知泉書館 2010年)、(以下は国書刊行会刊行)『イスラーム信仰叢書』全10巻、総編集・著作、2010~12年、『クルアーン やさしい和訳』監訳著、2019年、『黄金期イスラームの徒然草』2019年、『現代イスラームの徒然草』2020年、『祈りは人の半分』2021年、『イスラーム用語の新研究』2021年、『信仰の滴』2022年など多数。

樋口美作 (ヒグチミマサカ)

日本ムスリム協会第9代会長、同理事、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会監事、世界連邦日本宗教委員会顧問、サイバー大学客員教授

水谷周 (ミズタニマコト)

京都大学文学部卒、博士(ユタ大学)。(社)日本宗教信仰復興会議代表理事、現代イスラーム研究センター副理事長、日本ムスリム協会理事、日本アラビア語教育学会理事、国際宗教研究所顧問など。日本における宗教的覚醒とイスラームの深みと広さの啓発に努める。
『イスラーム信仰概論』(明石書店 2016年)、『イスラームの善と悪』(平凡社新書 2012年)、『イスラーム信仰とその基礎概念』(晃洋書房 2015年)、『イスラームの精神生活』(日本サウディアラビア協会 2013年)、『イスラーム信仰とアッラー』(知泉書館 2010年)、(以下は国書刊行会刊行)『イスラーム信仰叢書』全10巻、総編集・著作、2010~12年、『クルアーン やさしい和訳』監訳著、2019年、『黄金期イスラームの徒然草』2019年、『現代イスラームの徒然草』2020年、『祈りは人の半分』2021年、『イスラーム用語の新研究』2021年、『信仰の滴』2022年など多数。

目次

はじめに
序 章 マスジド概説
1 マスジドの命名法とその語源
2 信仰上の意義
3 女性の立場
 4 礼拝以外の機能
 5 施設
6 財政と役職
 7 分類法
 〈小論〉マスジドとイスラーム法・諸作法
第1章 日本のマスジド
1 神戸モスク(マスジド)
 2 東京ジャーミイ
 3 名古屋モスクおよび岐阜モスク(マスジド)
4 その後の急増
 5 留意点
 〈小論〉マスジドを考える
第2章 イスラーム初期
1 カアバ聖殿
 2 アルマディーナ
 〈小論〉マッカ図書館の概要
3 正統ハリーファの時代
第3章 ウマイヤ朝からアッバース朝へ
 1 ウマイヤ朝
2 アッバース朝時代
 〈小論〉マスジドとアラブ書道
第4章 アンダルシア・北アフリカ
1 後ウマイヤ朝
2 アグラブ朝
 3 ムラービト朝
4 ムワッヒド朝
 5 マリーン朝
6 ハフシード朝
第5章 エジプト・シリア
1 トゥールーン朝
ファーティマ朝
3 アイユーブ朝
 4 マムルーク朝
第6章 イラン・トルコ・インド
1 イラン
2 トルコ
3 インド
第7章 現代世界のマスジド
1 アラブ諸国
2 イラン・パキスタン・バングラデシュ・トルコ
3 世界各地のマスジド

参考文献
あとがき
参考 マスジド関係用語集
マスジド名索引

同じ著者・訳者の作品

宗教と科学のせめぎ合い

宗教と科学のせめぎ合い

水谷周

定価3,520円(税込)

宗教と科学も自信喪失の時代。行き詰まりを打開するものは? 信仰(祈り)は新たな息…

信仰は訴える

信仰は訴える

水谷周

定価3,300円(税込)

私たちは宗教にどう向き合うべきか。宗教にとって、日々の苦しみや悩みを癒すこと、死…

信仰の滴

信仰の滴

水谷周

定価3,080円(税込)

信仰の宿る心は、どのような様子なのか。戦後日本は宗教熱の盛んな国ではなかったが、…


>> もっと見る

ページトップへ