1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. ボリス・ヴィアン伝
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 研究・評論 > 
  4. ボリス・ヴィアン伝

ボリスヴィアンデン

ボリス・ヴィアン伝

発売日 2009/09/17

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05140-0

ページ数 404 頁   Cコード 0098

定価 4,180円 (本体価格3,800円)

内容紹介

壮絶な非順応主義ゆえの挫折や経済的圧迫をゲリラ的に突破しつつ、小説家、トランペッター、ジャズ評論家、シャンソン歌手等マルチな天才を発揮したボリス・ヴィアンの39年の生の軌道を描き出す評伝。

著者紹介

フィリップ・ボッジオ (フィリップボッジオ)

浜本正文 (ハマモトマサフミ)

京都大学仏文卒。愛知大学教授。訳書にオーギュスト・ブランキ『天体による永遠』(雁思社、1985年)、フロラ・トリスタン『ロンドン散策』(共訳、法政大学出版局、1987年)、ノエル・アルノー『ボリス・ヴィアン--その平行的人生』(書肆山田、1992年)、ボリス・ヴィアン『サン=ジェルマン=デ=プレ入門』(リブロポート、1995年/文遊社、2005年)、フィリップ・ボッジオ『ボリス・ヴィアン伝』(国書刊行会、2009年)がある。

同じ著者・訳者の作品

ボリス・ヴィアン シャンソン全集

『日々の泡』や『北京の秋』など世界的名作を執筆した小説家にして、トランペッターで…

ボリス・ヴィアンと脱走兵の歌

セルジュ・ゲンズブールに決定的な影響を与えたボリス・ヴィアン。彼が作詞・作曲した…


ページトップへ