1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. SF > 
  4. ぼくがカンガルーに出会ったころ
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. エッセイ・随筆 > 
  4. ぼくがカンガルーに出会ったころ

ボクガカンガルーニデアッタコロ

ぼくがカンガルーに出会ったころ

発売日 2006/06/01

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-04776-2

ページ数 390 頁   

定価 2,640円 (本体価格2,400円)

内容紹介

SF翻訳の第一人者浅倉久志、初のエッセイ集。SF・翻訳に関するコラムの他、訳者あとがき・解説、さらには膨大な翻訳作品リストも収録(単行本・雑誌発表短篇全リストなど)。装幀:和田誠

著者紹介

浅倉久志 (アサクラヒサシ)

1930年生。英米文学翻訳家。大阪外国語大学卒。主訳書にヴォネガット『タイタンの妖女』、ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』、ラファティ『九百人のお祖母さん』、ティプトリー・ジュニア『たったひとつの冴えたやりかた』(以上ハヤカワ文庫SF)、著書に『ぼくがカンガルーに出会ったころ』(国書刊行会)。2010年没。

同じ著者・訳者の作品

ユーモア・スケッチ傑作展2

20世紀前半のアメリカ雑誌黄金時代に花開いた、洒脱で笑える読み物〈ユーモア・スケ…

ユーモア・スケッチ傑作展1

20世紀前半のアメリカ雑誌黄金時代に花開いた、洒脱で笑える読み物〈ユーモア・スケ…

スペース・オペラ

ヴァンス渾身の本格的スペース・オペラ巨篇!……ではなく、宇宙を渡り歩く歌劇(オペ…


>> もっと見る

ページトップへ