1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 近世文学 > 
  4. 番町皿屋敷

バンチョウサラヤシキ

番町皿屋敷

発売日 2006/08/01

判型 四六判   ISBN 978-4-336-04765-6

ページ数 228 頁   

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

内容紹介

家宝の皿を割った罪により命を奪われたお菊は、亡霊となり、夜な夜な井戸端に姿を現し皿の数を数える。「ひとーつ、ふたーつ……」。だが皿屋敷の怪異には、この屋敷にまつわる怖ろしい因縁が隠されていた……

著者紹介

四代目旭堂南陵 (ヨンダイメキョクドウナンリョウ)

堤邦彦 (ツツミクニヒコ)

慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。京都精華大学教授。著書に『女人蛇体 偏愛の江戸怪談史』(角川叢書)など。

同じ著者・訳者の作品

近世民間異聞怪談集成

化物屋敷伝承、死霊結婚の因習、地獄めぐり――民俗性の強い地方奇談集を中心に、都市…


ページトップへ