1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 近代文学 > 
  4. バロックの日本

バロックノニホン

バロックの日本

発売日 2003/12/13

判型 A5判   ISBN 978-4-336-04601-7

ページ数 274 頁   

定価 3,780円 (本体価格3,500円)

内容紹介

月岡芳年、牧野信一、牧野邦夫、寺山修司、横尾忠則らに通底する、バロック精神を読み解く、気鋭の学者によるメディア横断的評論集。図版多数収録。

著者紹介

守安敏久 (モリヤストシヒサ)

1959年、岡山市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専攻博士課程単位取得退学。現在、宇都宮大学教授。専門分野は日本近代文学、現代演劇。著書に『バロックの日本』、『メディア横断芸術論』(ともに国書刊行会)がある。

同じ著者・訳者の作品

寺山修司論

寺山修司論

守安敏久

定価5,832円(税込)

ラジオ、テレビ、映画、演劇――自在にメディアを横断する寺山修司作品のうちに、誇張…

メディア横断芸術論

メディア横断芸術論

守安敏久

定価3,780円(税込)

メディアを横断しながら創造活動を展開した作家たち(秋元松代、安部公房、三島由紀夫…


ページトップへ