1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. 恋する潜水艦

コイスルセンスイカン

恋する潜水艦

発売日 2000/04/30

判型 四六判   ISBN 978-4-336-04238-5

ページ数 400 頁   

定価 3,080円 (本体価格2,800円)

内容紹介

「宝島」異聞ともいうべき冒険小説『海賊の唄』。「ジャリの『ユビュ王』とダダイスムとの架け橋となった作品」と評される未来派的な奇作『恋する潜水艦』。他に、『金星号航海記』を収録。

著者紹介

ピエール・マッコルラン (ピエールマッコルラン)

橋本克己 (ハシモトカツミ)

大野多加志 (オオノタカシ)

高遠弘美 (タカトオヒロミ)

1952年長野県生まれ。早稲田大学大学院フランス文学専攻博士課程修了。山梨県立女子短期大学国際教養科教授を経て、現在、明治大学商学部教授。著訳書に、『乳いろの花の庭から』(ふらんす堂)、『プルースト研究』(駿河台出版社)、ロミ『突飛なるものの歴史』『悪食大全』(作品社)『乳房の神話学』(青土社)、ロミ&ジャン・フェクサス『おなら大全』、ジャン・フェクサス『うんち大全』(作品社)。他に、泉鏡花、永井荷風、ボルヘス、種村季弘、石川淳などに関するエッセイ、仏語教科書等がある。

尾方邦雄 (オガタクニオ)

同じ著者・訳者の作品

マルセル・シュオッブ全集

「19世紀末のボルヘス」として大きな注目を浴びる、夭折の天才作家の初の全集。『架…

エッセイ・詩・訳詩

『黙禱』『幻塵集』『影』『挽歌』の四詩集と、ダウスンやローデンバッハの名訳を収め…

珍説愚説辞典

大作家や大学者、ローマ法王から大新聞といった、古今の教養人が大まじめで書き残した…


ページトップへ