1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. セリーヌを読む
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 研究・評論 > 
  4. セリーヌを読む

セリーヌヲヨム

セリーヌを読む

発売日 1998/09/23

判型 四六判   ISBN 978-4-336-04087-9

ページ数 426 頁   

定価 3,520円 (本体価格3,200円)

内容紹介

「呪われた作家」「必敗の文学」としてのみ語られてきたセリーヌ像、セリーヌ作品を、ジャズ、ロマン・ノワール、大江健三郎、イスラエルなどの新しい視点から照射した、セリーヌを楽しく読むための一冊。

著者紹介

有田英也 (アリタヒデヤ)

富山太佳夫 (トミヤマタカオ)

1947年鳥取県生まれ。東京大学大学院修士課程修了。現在、青山学院大学教授。専攻、英文学。主な著書に、『シャーロック・ホームズの世紀末』(1993、青土社、芸術選奨新人賞)、『ポパイの影に―漱石/ フォークナー/文化史』(1996、みすず書房)、『書物の未来へ』(2003、青土社、毎日書評賞)、『笑う大英帝国―文化としてのユーモア』(2006、岩波新書)、主な訳書に、ソンタグ『火山に恋して―ロマンス』(2001、みずず書房)、ピーター・ゲイ『快楽戦争―ブルジョワジーの経験』(2001、青土社)、ジョナサン・スウィフト『ユートピア旅行記叢書6 ガリヴァー旅行記』(2002、岩波書店)、ピーター・ペリクレス・トリフォナス『エーコとサッカー』(2004、岩波書店)などがある。

同じ著者・訳者の作品

放浪者メルモス

ロマン主義的な情念、美と醜、善と悪、聖と俗との恐るべき混沌に満ちた、ゴシック・ロ…

ザノーニ 上

超自然の力を持つ主人公が、イタリアの山脈、エーゲ海の島をめぐり、大革命下のパリに…

放浪者メルモス 下

アイルランドの畸人マチューリンが残したこの作品、ロマン主義的な情念、善と悪、聖と…


>> もっと見る

ページトップへ