1. トップページ > 
  2. オカルト・占い > 
  3. オカルト > 
  4. サバトの秘儀

サバトノヒギ

サバトの秘儀

発売日 1997/09/02

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03665-0

ページ数 298 頁   Cコード 0310

定価 2,860円 (本体価格2,600円)

内容紹介

サバトとは本来、太古から伝承されてきた神聖なる自然崇拝の儀式であった。ファーラー夫妻は伝統的魔女のスタンスに立って、このサバトの内なる意味をわかりやすく解説し、さらにその秘奥の儀式を公開する。

著者紹介

秋端勉 (アキバツトム)

国内の魔術結社I∴O∴Sの創始者。O∴H∴団員。実践的なカバラを追求する過程で深入りする。
著書に、『実践魔術講座 リフォルマティオ』(三交社)などがある。

ファーラー夫妻 (ファーラーフサイ)

へイズ中村 (へイズナカムラ)

同じ著者・訳者の作品

輝ける小径

魔術結社〈光の侍従〉が魔術の訓練用に作成したパスワーキング・シナリオとその解説。…

高等エノク魔術実践教本

エノク魔術とは〈黄金の夜明け〉団からクロウリーのA∴A∴に至る魔術結社が、アデプ…

カバラ魔術の実践

本書は〈聖盃の血盟〉四部作の一冊であり、多数の魔術関係の出版物を著したグレイの著…


>> もっと見る

ページトップへ