1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 日本史近世 > 
  4. 江戸と東京 風俗野史

フウゾクヤシ

江戸と東京  風俗野史

発売日 2001/06/12

判型 B5判   ISBN 978-4-336-03067-2

ページ数 416 頁   

定価 6,380円 (本体価格5,800円)

内容紹介

綿密な考証で江戸の風俗を多岐にわたって記録した、伊藤晴雨の画業の集大成『江戸と東京風俗野史』全6巻を一冊にまとめ、新たに同著者による傑作『江戸の盛り場』をも付した、江戸の風俗大百科図典。

著者紹介

伊藤晴雨 (イトウセイウ)

1882- 1961年
東京市浅草区出身。画家。本名、伊藤一(はじめ)。
「責め絵」と呼ばれる絵の第一人者。
幼少期に琳派の絵師に弟子入り。その後、象牙彫刻師のもとへ丁稚奉公をする。以後、様々な職業を転々とし、二十五歳で新聞社に入社。挿絵や演芸欄を担当。後に竹久夢二のモデルとなるお葉を知り、彼女をモデルに責め絵を描き一世を風靡する。1960年、出版美術連盟賞を受賞。著書に『いろは引き・江戸と東京風俗野史』ほか。

宮尾與男 (ミヤオヨシオ)

同じ著者・訳者の作品

日本刑罰風俗図史

日本刑罰風俗図史

藤澤衛彦
伊藤晴雨 著画

定価3,520円(税込)

〈水責〉〈雪責〉〈蛇責と釘牢〉〈瓢箪責め〉――。これら陰惨にして妖艶な拷問の世界…

彩色 中国看板図譜

彩色 中国看板図譜

宮尾しげを
宮尾慈良宮尾與男 編注

定価5,280円(税込)

著者が彩色した特装版を完全複製し、文は現代表記に改め、詳細な解説と索引を付す。「…


ページトップへ