1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 映画 > 
  4. 愛蔵版 お楽しみはこれからだ
  1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 絵画・画集 > 
  4. 愛蔵版 お楽しみはこれからだ

アイゾウバンオタノシミハコレカラダ

愛蔵版 お楽しみはこれからだ

和田誠

発売日 2022/01/25

判型 A5判   ISBN 978-4-336-07300-6

ページ数 256 頁   Cコード 0074

定価 2,970円 (本体価格2,700円)

内容紹介

イラストレーター・グラフィックデザイナーとして活躍し、さらにエッセイスト・映画監督・作曲家など多彩な顔をもつ和田誠(1936–2019)の代表作にして、映画エッセイの名著が愛蔵版で復活! 書き下ろしエッセイ=村上春樹

記憶に残る〈映画の名セリフ〉をイラストレーションとともに紹介する本シリーズは、「キネマ旬報」で1973年から23年のあいだ断続的に連載され、全7巻の単行本にまとまり長年映画ファンに愛されてきた。今回オリジナルのまま再現した本体を函に入れた特別仕様で復刊、各巻に書き下ろしエッセイを掲載した栞を付す。

*次回配本
『お楽しみはこれからだPART2』2022年2月刊

著者紹介

和田誠 (ワダマコト)

1936年大阪生まれ。多摩美術大学図案科(現・グラフィックデザイン学科)卒業。1959年デザイン会社ライトパブリシティ入社。68年よりフリーのイラストレーター、デザイナーとして活躍。タバコ「ハイライト」のデザイン、「週刊文春」の表紙イラストレーション、2000冊以上の書籍の装丁を手がける。著書は200冊以上にのぼる。映画に関する著書も多く『お楽しみはこれからだ(全7巻)』『シネマッド・ティーパーティ』、『たかが映画じゃないか』(山田宏一との共著)、『これもまた別の話』(三谷幸喜との共著)など。映画監督として『麻雀放浪記』『快盗ルビイ』『怖がる人々』『真夜中まで』などの作品がある。2019年逝去。

同じ著者・訳者の作品

愛蔵版 お楽しみはこれからだ PART2

イラストレーター・エッセイスト・映画監督…と多彩な顔をもつ和田誠の代表作にして映…


ページトップへ