1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 高原英理恐怖譚集成
  1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 怪奇・ホラー > 
  4. 高原英理恐怖譚集成

タカハラエイリキョウフタンシュウセイ

高原英理恐怖譚集成

発売日 2021/07/15

判型 四六判   ISBN 978-4-336-07223-8

ページ数 463 頁   Cコード 0093

定価 3,960円 (本体価格3,600円)

内容紹介

幻想文学新人賞(選者=澁澤龍彦・中井英夫)と群像新人文学賞の鬼才、高原英理の怪奇恐怖小説を集大成。都市幻想を描く「町の底」、ゾンビの愛の物語「グレー・グレー」など、伝説的なホラー小説集『抒情的恐怖群』の全7編に、「 闇の司」「 水漬く屍、草生す屍」「かごめ魍魎」など5編を増補。「ホラーの古典的素材を昇華させ、巧緻な語りの技術で幻惑的な幻想小説に仕上げた」と絶賛された中短編小説。
京極夏彦氏推薦!「幻想を言葉にするのではない、言葉が幻想なのだ。戦慄を飼いならした小説ではない、小説が戦慄せしめるのである。高原英理の紡ぐ殺ぎ落とされた幻想と幻想の行間に、我々は己の儚さを知り、ただ戦慄するのである。」


著者紹介

高原英理 (タカハラエイリ)

1959年生。立教大学文学部日本文学科卒業。東京工業大学大学院社会理工学研究科博士後期課程修了(価値システム専攻)。博士(学術)。1985年、第1回幻想文学新人賞受賞(選考委員は澁澤龍彦・中井英夫)。1996年、第39回群像新人文学賞評論部門優秀作受賞(選考委員は柄谷行人、後藤明生、高橋源一郎、中沢けい、李恢成)。
主要著作 『少女領域』(国書刊行会)『闇の司』(ハルキ・ホラー文庫)『無垢の力』『ゴシックハート』『不機嫌な姫とブルックナー団』(講談社)『ゴシックスピリット』(朝日新聞社)『抒情的恐怖群』『神野悪五郎只今退散仕る』(毎日新聞社)『月光果樹園』(平凡社)『アルケミックな記憶』(書苑新社)『うさと私』(書肆侃侃房)『怪談生活』『歌人紫宮透の短くはるかな生涯』(立東舎)。
編著 『書物の王国6 鉱物』(国書刊行会)『リテラリーゴシック・イン・ジャパン』『ファイン/キュート』(ちくま文庫)『ガール・イン・ザ・ダーク』(講談社)。

目次

   Ⅰ
町の底
呪い田
帰省録
緋の間
    Ⅱ
樹下譚
グレー・グレー
影女抄
   Ⅲ 
 闇の司
   Ⅳ
 水漬く屍、草生す屍
かごめ魍魎
よくない道
日の暮れ語り

  後 記

同じ著者・訳者の作品

エイリア綺譚集

エイリア綺譚集

高原英理

定価2,970円(税込)

澁澤龍彦と中井英夫に見いだされた小説家高原英理の幻想小説集。「ガール・ミーツ・シ…

新編・日本幻想文学集成 第1巻

安部公房(安藤礼二編)、倉橋由美子(山尾悠子編)、中井英夫(高原英理編)、日影丈…

少女領域

少女領域

高原英理

定価3,080円(税込)

大正モダニズムとともに生れた超絶少女たちの運命は?少女の名のもとに描かれてきた両…


ページトップへ