1. トップページ > 
  2. 自然科学・医学・実用 > 
  3. 医学 > 
  4. 現代の死に方

ゲンダイノシニカタ

現代の死に方

医療の最前線から  

発売日 2018/10/22

判型 四六判   ISBN 978-4-336-06285-7

ページ数 264 頁   Cコード 0047

定価 2,970円 (本体価格2,700円)

内容紹介

医師として長年患者の死に立ち会ってきた著者が、今日の人の死の有り様への懐疑を訴え、そこに集約されている医療問題、倫理・社会問題、道徳観、死生観、哲学、歴史的考察を通じて何を正すべきか、家族や親しい人の「死」をどう受け止め、また、自分の死とどう向き合うべきかを問いかける。
実に正直で人間味あふれる本であり、挑発的だが、とても重要だ。(ガーディアン評)
本書の核心は、過度の終末期医療である。医療の中心的役割を患者への慰めと救いに求め、それが死の床にある患者のためになると説く。(パブリッシャーズ・ウィークリー評)

訳者あとがきの一部をこちらでご覧いただけます。
書評サイト「ALL REVIEWS」 https://allreviews.jp/review/2851

著者紹介

シェイマス・オウマハニー

長年イギリスの国民保健サービス(NHS)で勤務。現在は故郷アイルランド南部のコークで医療に従事。2016年に”The Way We Die Now”を出版し、スウェーデンと日本で翻訳もされている。同書は2017年にBMA出版賞(英国医師会出版賞)を受賞。邦訳版『現代の死に方――医療の最前線から』(国書刊行会、2018年)。

小林政子 (コバヤシマサコ)

1972年明治学院大学英文学科を中退し外務省入省。1973年〜1975年リスボン大学にて研修。主に本省では中近東アフリカ局、国連局原子力課に勤務。在外ではブラジル、カナダにて勤務。1998年外務省を退職して翻訳を志す。ユニ・カレッジにて日暮雅道氏、澤田博氏に師事。
訳書には、パール・バック著『神の火を制御せよ―原爆をつくった人びと』(2007) 径書房、弊社刊でパール・バック著『私の見た日本人』(2013)、スティーブン・R・バウン著『壊血病』(2014)、『最後のヴァイキング』(2017)など、シェイマス・オウマハニー著『現代の死に方』(2018)、ジェームズ・ローレンス・パウエル著『2084年報告書』(2021)がある。

目次

第一章 私は何を知っているか 
第二章 隠された死 
第三章 勇敢であることへの躊躇い 
第四章 貧しき者の最後 
第五章 死亡学 
第六章 有名人癌病棟 
第七章 コントロールへの情熱 
第八章 哲学するとは、死に方を学ぶこと 
第九章 永遠に生きる 
第十章 被造物

同じ著者・訳者の作品

医療は救われるか

このままでは医療の未来に希望はなく、医師の存在意義は消失し、健康と人間らしい生き…

2084年報告書

2084年が舞台のSF小説。すでに世界は深刻な気候温暖化で危機に直面。歴史記録の…

青狐の島

世界の果てをめざした男たちの物語!ベーリングとカムチャッカ探検隊によるシベリアへ…


>> もっと見る

ページトップへ