1. トップページ > 
  2. 仏教 > 
  3. 日蓮宗 > 
  4. 仏事Q&A 日蓮宗

ブツジキューアンドエー ニチレンシュウ

仏事Q&A 日蓮宗

発売日 2015/09/18

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05948-2

ページ数 156 頁   Cコード 0015

定価 1,404円 (本体価格1,300円)

内容紹介

 一般檀信徒から日蓮宗の僧侶たちがしばしば訊ねられる質問や、僧侶が檀信徒に知っておいていただきたいと思う事柄とその回答を、見開き2ページのQ&A形式で示しました。
 「一 お寺を訪ねて」では、一般の方々が日蓮宗のお寺にお参りの際に疑問に感じることについて説明しています。
 「二 お寺の年中行事」では、日蓮宗の年中行事について解説しています。
 「三 葬儀をご縁として」では、亡き人をお送りする際、知っておいていただきたいことをまとめています。
 「四 法事・お盆を迎えて」では、亡き人を偲ぶ際に心得ていただきたいことを記しました。
 「五 檀信徒としての心得」では、日蓮宗の檀信徒として、各家庭での実践について触れています。
 「六 御教えをいただいて」では、その他さまざまな事柄に対して、日蓮宗ではどのように考えるかの一例を紹介しています。
 日蓮聖人は長い求道の果てに釈尊の真意は法華経にあることを確信され、「南無妙法蓮華経」のお題目を唱え、立正安国の教えを広められました。日蓮聖人からはじまる日蓮宗の教えが具体的な形となったものが仏事です。私たちは仏事を通し、釈尊と日蓮聖人の智慧と慈悲に導かれ、不安定な世に大きな心の依りどころを得ることができます。
 こうした教えや行いを、読者が毎日の生活に活かせるよう分かりやすく解説する、日蓮宗を身近に感じるためのハンドブック。

著者紹介

日蓮宗現代宗教研究所 (ニチレンシュウゲンダイシュウキョウケンキュウジョ)

目次

 はじめに
一 お寺を訪ねて
 コラム① お経の功徳
二 日本の歳時記とお寺の年中行事
 コラム② 本堂と祖師堂
三 葬儀をご縁として
 コラム③ 「行ッテ」――菩薩行とは
四 法事・お盆を迎えて
 コラム④ いのちに合掌
五 檀信徒としての心得
 コラム⑤ 道に迷ったとき――一念三千の教え
六 み教えをいただいて
 巻末資料・あとがき・執筆者一覧

ページトップへ