1. トップページ > 
  2. 仏教 > 
  3. 日蓮宗 > 
  4. 日蓮宗の戒壇、その現代的意義

ニチレンシュウノカイダンソノゲンダイテキイギ

日蓮宗の戒壇、その現代的意義

発売日 2011/04/05

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05375-6

ページ数 260 頁   Cコード 0015

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

内容紹介

日蓮仏教による人類救済において、現実の本門の戒壇建立が必要不可欠なものであることを論証し、その現代的意義を考察する。本門の戒壇は、本門の題目、本門の本尊とともに三大秘法の行法で、日蓮仏教の根幹の行門であるが、日蓮在世時には建立されず後世の門下に託されたが、長らく等閑に付されてきた。この難題に挑む力作。

著者紹介

齊藤日軌 (サイトウニチキ)

1953年、北海道富良野市生まれ。
1976年、立正大学仏教学部仏教学科卒。
1977年、北海道大学大学院インド哲学科研究生中退。
日蓮宗霊断師会総合研究所教学部長、所長を歴任。
日蓮宗本山妙顯寺第49世貫首、日蓮宗本要寺代務住職。

目次

序 現代科学の思想から見た四十五字段
一 日蓮大聖人の生命観(生死観)
二 日蓮仏教における仏陀と成仏の構造
  日蓮仏教の目的/日蓮教学の原理/日蓮仏教における仏陀の構造/日蓮仏教の成仏の構造/まとめ
三 本門の戒壇、その現代的意義
  戒壇史/日蓮大聖人の本門の戒壇の意義と、その現代的意義/戒壇の構成/戒壇立踏次第/戒壇の原理/本門の戒壇その現代的意義
四 実践信行ノート

同じ著者・訳者の作品

スピリチュアル・アルバム

スピリチュアル・アルバム

齊藤日軌

定価2,376円(税込)

北海道の中心富良野に建ち、不思議な力をもった石たちが神仏と戯れる石佛庵。住職は奇…


ページトップへ