1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 音楽 > 
  4. スコット・ラファロ その生涯と音楽

スコットラファロ ソノショウガイトオンガク

スコット・ラファロ その生涯と音楽

翡翠の夢を追って  

発売日 2011/03/25

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05361-9

ページ数 400 頁   Cコード 0073

定価 3,740円 (本体価格3,400円)

内容紹介

ジャズファンならば知らない人はいないピアニスト、ビル・エヴァンスとの共演で知られ、25歳で夭折した天才ジャズベーシスト、スコット・ラファロの唯一の評伝。

著者紹介

ヘレン・ラファロ・フェルナンデス (ヘレン・ラファロ・フェルナンデス)

「シス」と呼ばれた、スコット・ラファロのすぐ下の妹。1938年、アメリカ・ニュージャージー州アーヴィントン生まれ。幼少期の大半をニューヨーク州ジェニーヴァで、スコットとともに育つ。2009年、University of North Texas Pressより兄スコット・ラファロの初の伝記である『JADE VISIONS:The Life and Music of Scott LaFaro」を出版。 

中山康樹 (ナカヤマヤスキ)

1952年大阪生まれ。音楽評論家。ジャズ雑誌「スイングジャーナル」元編集長。ジャズ、ロックに関する著者多数。

吉井誠一郎 (ヨシイセイイチロウ)

目次

序文(ドン・シンプソン)
まえがき
イントロダクション-若き日のスコット・ラファロ(ジーン・リーズ)
プロローグ
第1章 家族
第2章 ジェニーヴァ幼少時代
第3章 初期の影響
第4章 高校時代
第5章 ベースを始める バディとベイカーへの道
第6章 転調 1957年<br>第7章 ウェストコーストの仕事 1958年
第8章 ケントン、グットマン、そしてモンク 1959年
第9章 ニューヨーク:ゲッツ、コールマン、そしてエヴァンス 1960年
第10章 実現 1961年
第11章 アメリカの悲劇
第12章 最後の日々と余波
第13章 スコット・ラファロの音楽Ⅰ
第14章 スコット・ラファロの音楽Ⅱ スコット・ラファロ完璧なるミュージシャン(ジェフ・キャンベル)
第15章 スコット・ラファロの音楽Ⅲ(フィル・パロンピ)
第16章 スコットの遺産
謝辞
訳者あとがき(吉井誠一郎)
解説 スコット・ラファロが残した未来 ビル・エヴァンス・トリオ時代を中心に(中山康樹)
スコット・ラファロディスコグラフィー

ページトップへ