1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. コミック > 
  4. ひとりぼっち

ヒトリボッチ

ひとりぼっち

発売日 2010/12/09

判型 B5変型判   ISBN 978-4-336-05293-3

ページ数 380 頁   Cコード 0997

定価 2,700円 (本体価格2,500円)

カタログダウンロード

内容紹介

事情を抱えて港町に流れ着き、水夫の職にありついた男は、週に一度、荷物の詰まった箱を沖の灯台まで運ぶ仕事を命じられる。無人と思しいその灯台には、生まれてから陸の世界を知らずに暮らす者がいることを知らされる。「ひとりぼっち」氏と呼ばれる灯台守に対し、同情と共感が混じった思いを水夫は抱き始める。沖の灯台でひとり、想像力を羽ばたかせる「ひとりぼっち」氏の秘やかな楽しみとは…?沈黙の余白、黒い言葉、多彩なグラフィックが目くるめくバンドデシネ作品。

著者紹介

クリストフ・シャブテ (クリストフシャブテ)

1967年フランス・アルザス地方生まれ。現在、注目されているBD作家のひとり。アングレーム、ストラスブールの美術学校に学ぶ。1993年、アルチュール・ランボーの選集『Les R´ecits』にて画業デビュー。98年、パケ社より刊行した『ある夏の日々Quelques Jours d’´Et´e』が翌年のアングレーム国際マンガフェスティバルにて「心臓の鼓動賞」(Alph’Art coup de coeur)を受賞。

中里修作 (ナカザトシュウサク)

1976年東京生まれ。翻訳家。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程前期課程修了。専門は『タンタンの冒険』(学位論文「Les Aventures de Tintinの技法分析」)。「メビウスはなぜメビウスとなったか」(『ユリイカ』2009年7月号)など執筆。

ページトップへ