1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 少女小説 > 
  4. 小さき花々

チイサキハナバナ

小さき花々

発売日 2005/01/01

判型 B5変型判   ISBN 978-4-336-04670-3

ページ数 234 頁   

定価 2,640円 (本体価格2,400円)

内容紹介

名作『花物語』の続篇として書かれた珠玉短篇集がついに復刊! 中原淳一の清純優美な装幀・口絵・挿絵に彩られた、香気高き永遠の少女小説全10篇。オリジナル装幀を再現した愛蔵版。解説:山崎まどか

著者紹介

吉屋信子 (ヨシヤノブコ)

1896年~1973年。高等女学校卒業後、小学校の代用教員となるが作家を目指して上京、「少女画報」誌に連載した『花物語』で人気作家となり、少女小説を多く執筆。1952年には日本女流文学者賞を受賞し、文学界に広く認められる。晩年は『徳川の夫人たち』『女人平家』など、女性史を題材とした長編時代小説を執筆した。

同じ著者・訳者の作品

あの道この道

あの道この道

吉屋信子
須藤しげる

定価2,750円(税込)

金持の一人娘しのぶが貧しい漁師の娘千鶴子と取りかえられたことが発端となり、二人の…

花物語 下

花物語 下

吉屋信子

定価2,090円(税込)

少女小説の代表的名作として、多くの少女たちに圧倒的支持をもって読みつがれ、感動を…

花物語 中

花物語 中

吉屋信子

定価2,090円(税込)

少女小説の代表的名作として、多くの少女たちに圧倒的支持をもって読みつがれ、感動を…


>> もっと見る

ページトップへ