1. トップページ > 
  2. 仏教 > 
  3. 浄土真宗 > 
  4. 大乗仏教の極致としての他力本願ということ

ダイジョウブッキョウノキョクチトシテノタリキホンガントイウコト

大乗仏教の極致としての他力本願ということ

発売日 2003/02/04

判型 四六判   ISBN 978-4-336-04510-2

ページ数 116 頁   Cコード 0015

定価 990円 (本体価格900円)

内容紹介

「他力本願」という言葉は、浄土真宗の教義根幹に関わる用語であるにもかかわらず、一般には誤用されていることが多い。本書は「他力本願」の正しい理解のために、勧学が説くやさしい解説書。

著者紹介

稲城選惠 (イナギセンエ)

同じ著者・訳者の作品

浄土真宗 臨終・通夜・中陰法話集

日常法務の現場、ご門徒から問われる仏の話、宗教の話を、僧侶がそれぞれ出遇った多く…

阿弥陀経の本義

阿弥陀経の本義

稲城選惠

定価6,380円(税込)

浄土真宗本願寺派の勧学・稲城選恵師が、親鸞聖人が生涯かけて最も問題とされた〈他力…


ページトップへ