1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. デザイン・広告 > 
  4. シュヴァンクマイエルの世界

シュヴァンクマイエルノセカイ

シュヴァンクマイエルの世界

発売日 2004/06/14

判型 菊判   ISBN 978-4-336-04200-2

ページ数 248 頁   

定価 3,300円 (本体価格3,000円)

内容紹介

『ファウスト』『悦楽共犯者』『対話の可能性』など、独自の映像表現で知られるチェコのアニメーション作家の全貌を、彼自身のテクスト、オブジェや映画の写真で紹介する。図版300点、一部カラー。

著者紹介

ヤン・シュヴァンクマイエル (ヤンシュヴァンクマイエル)

1934年チェコスロバキア・プラハ生まれ。シュルレアリストの芸術家、アニメーション作家・映像作家、映画監督。アニメーション作家・映画監督としての業績で著名だが、シュルレアリストとしてドローイングやテラコッタ、オブジェなどの分野でも精力的に活動している。

赤塚若樹 (アカツカワカギ)

東京都立大学教授。著書に『シュヴァンクマイエルとチェコ・アート』(未知谷、2008年)、『ミラン・クンデラと小説』(水声社、2000年)、編訳書に『チェコ・アニメーションの世界』(人文書院、2013年)、『シュヴァンクマイエルの世界』(国書刊行会、1999年)、訳書にV・ネズヴァル
/ J・シュティルスキー『性の夜想曲―チェコ・シュルレアリスムの〈エロス〉と〈夢〉』(風濤社、2015年)、V・ネズヴァル『少女ヴァレリエと不思議な一週間(風濤社、2014年)などがある。

くまがいマキ (クマガイマキ)

同じ著者・訳者の作品

ピーター・シスの闇と夢

共産党統治下のチェコスロヴァキアに生まれ、自由を求めてアメリカに亡命した絵本作家…

怪談

「耳なし芳一」をはじめ、日本人に馴染みの深いハーンの名作『怪談』の装画を、チェコ…

不思議の国のアリス

「アリス」は、読む年齢によってまったく異なった本になる。なぜならば私たちは生涯夢…


>> もっと見る

ページトップへ