1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ミステリ > 
  4. ロープとリングの事件

ロープトリングノジケン

ロープとリングの事件

発売日 2001/04/07

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-03678-0

ページ数 304 頁   

定価 2,530円 (本体価格2,300円)

内容紹介

校内のボクシング試合の翌朝、勝者の青年は首吊り死体で発見された。検死審問の評決は「自殺」だった。しかし、その結果に疑問をいだいたビーフ巡査部長は事件の調査に乗り出した。そして第二の事件が……。

著者紹介

レオ・ブルース (レオブルース)

小林晋 (コバヤシススム)

一九五七年、東京都生まれ。東京大学工学部卒業。訳書に、レオ・ブルース『三人の名探偵のための事件』『死体のない事件』(新樹社)、『ロープとリングの事件』(国書刊行会)、『骨と髪』(原書房)、S・ハイランド『国会議事堂の死体』(国書刊行会)、A・B・コックス『プリーストリー氏の問題』(晶文社)などがある。

同じ著者・訳者の作品

屍衣の流行

華やかな生活を送る女優ジョージアをとりまく男たちの死。謎の失踪を遂げた前夫が死体…

国会議事堂の死体

改修工事中の時計塔の壁の中からミイラ化した他殺死体が発見された。100年前の物と…


ページトップへ