1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 妖怪 > 
  4. 国芳妖怪百景
  1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 絵画・画集 > 
  4. 国芳妖怪百景
  1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 日本美術 > 
  4. 国芳妖怪百景

クニヨシヨウカイヒャッケイ

国芳妖怪百景

発売日 2003/04/12

判型 B5判   ISBN 978-4-336-04139-5

ページ数 114 頁   

定価 4,320円 (本体価格4,000円)

内容紹介

怪異と奇想にあふれた、幕末の修羅絵師・歌川国芳の妖怪画の世界。百余点をオールカラーで収録。国芳独特のワイドスクリーンを再現するために、折り込みページも多数使用。

著者紹介

須永朝彦 (スナガアサヒコ)

1946年、栃木県生まれ。歌人・作家。 著書に、「鉄幹と晶子 」(評伝)、「東方花傳」(歌集)、「就眠儀式」(吸血鬼譚集)等がある。

悳俊彦 (イサオトシヒコ)

1935年東京生まれ。1958年武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)洋画科卒。画家として風景画を描く傍ら浮世絵の研究・コレクションを行い、歌川国芳・芳年などに関する著書多数。

歌川国芳 (ウタガワクニヨシ)

寛政9年(1798)~ 文久元年(1861)。江戸時代末期を代表する浮世絵師の一人。幼少期から絵を学び、歌川豊国に入門。役者絵で人気を得て、天保の改革の禁令の網をくぐりながら作品を発表し喝采を浴びる。大判の武者絵などで名声を確立し、歌川芳年ら数多くの門弟を育てて没した。

同じ著者・訳者の作品

新編・日本幻想文学集成 第9巻

地下のミイラに前世の無限連鎖を見出す「木乃伊」。応仁の乱に材をとった「雪の宿り」…

新編・日本幻想文学集成 第5巻

江戸川乱歩、稲垣足穂、佐藤春夫、宇野浩二を収録。大正幻想をバックボーンに異形の文…

新編・日本幻想文学集成 第4巻

夢野久作、小栗虫太郎、岡本綺堂、泉鏡花を収録。語りの狂宴。


>> もっと見る

ページトップへ