1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. 残骸

ザンガイ

残骸

発売日 2002/09/11

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03066-5

ページ数 604 頁   

定価 8,640円 (本体価格8,000円)

内容紹介

フランスの崩壊からヴィシー政府に至る〈大潰走〉の日々、その表裏両面の真実――フランス=ファシストの赤裸な告白として、占領下、茫然自失の同国に「爆弾」を炸裂させた黙示録的年代記。

著者紹介

リュシアン・ルバテ (リュシアンルバテ)

池部雅英 (イケベマサヒデ)

1944年、千葉県生まれ。早稲田大学文学部仏文学科卒業、東京外国語大学大学院仏語学科修士課程修了。現在、信州大学教授。訳書-スリヨ『美学入門』(共訳)、プティフィス『フランスの右翼』、ブラジヤック『七彩』、ポミエ『内なる光景』(共訳)。

同じ著者・訳者の作品

苦境 他

セリーヌの作品

苦境 他

L=F・セリーヌ
池部雅英 他訳

定価6,048円(税込)

フランス敗戦直後に執筆された第3パンフレット。激烈な筆致はもはや影をひそめ、諦念…

ふたつの旗 下

生命感あふれる一人の美しい女性アンヌ=マリーを軸に、2人の若者がおりなす濃密なエ…

ふたつの旗 上

生命感あふれる一人の美しい女性アンヌ=マリーを軸に、2人の若者がおりなす濃密なエ…


>> もっと見る

ページトップへ