国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

「日本近代建築大観」が信濃毎日新聞7/3付で紹介されました。

2021/07/08 パブリシティ

信濃毎日新聞7/3付「日本近代建築大観」が紹介されました。
「幕末から1960年代までの日本の建築史を、写真や平面図などをふんだんに盛り込み
  3冊にまとめたシリーズ」
「外国人の住居から製糸場、銀行など産業と関連した建築、さらに校舎へと発展していく」
「建築はまさに「時代の証人」なのである」


「写真と歴史でたどる日本近代建築大観」 全3巻
石田潤一郎・米山勇 監修/伊藤隆之 写真
各巻定価 16,500円(各巻本体価格15,000円)
幕末から明治・大正・昭和前期に至る「近代」は、「欧米列強に追い付け、追い越せ」を合言
葉に日本国民がたどった激動の時代であった。そうした中にあって、建物は権威や富の象徴
としての一面もあったが、そこに住んだ人々にとっては心の疲れを癒すくつろぎの場であり、
安らぎの場であった。
本シリーズは、戦後75年を経た今でも各所に残る主な近代建築300棟を、建設当時の時代
背景を交えながらカラー写真で紹介した書籍版「日本近代建築博物館」を目指したものである。
幕末の開港以降、160年余の時空を超えて蘇る人々の「記憶」をじっくりと味わって頂きたい。


      【好評既刊】                  【7月下旬刊行】
    9784336070869.jpg              9784336070876.jpg
       第1巻                      第2巻
開国後の西洋建築導入と発展   大日本帝国の成立と洋風建築の多様化


最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2021年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月