国書刊行会

買物カゴを見る

検索結果

検索条件 【シリーズ : 写真と歴史でたどる日本近代建築大観】に該当した商品は 【3件】です。

該当商品3件中、1~3件目を表示

歴史・宗教・民俗 辞典・事典

写真と歴史でたどる日本近代建築大観 第3巻

激動する世界と建築の転換

石田潤一郎/米山勇 監修
伊藤隆之 写真

定価 16,500円
(本体価格15,000円)

発売日 2021/09/22

※近刊・予約受付中

予約受付中

歴史・宗教・民俗 辞典・事典

写真と歴史でたどる日本近代建築大観 第2巻

大日本帝国の成立と洋風建築の多様化

石田潤一郎/米山勇 監修
伊藤隆之 写真

定価 16,500円
(本体価格15,000円)

発売日 2021/07/21

※在庫あり

買い物カゴに入れる

歴史・宗教・民俗 辞典・事典

写真と歴史でたどる日本近代建築大観 第1巻

開国後の西洋建築導入と発展

石田潤一郎/米山勇 監修
伊藤隆之 写真

定価 16,500円
(本体価格15,000円)

発売日 2021/05/25

※在庫あり

買い物カゴに入れる

該当商品3件中、1~3件目を表示

  • 1

写真と歴史でたどる日本近代建築大観 (シャシントレキシデタドルニホンキンダイケンチクタイカン)

幕末から明治・大正・昭和前期に至る「近代」は、「欧米列強に追い付け、追い越せ」を合言葉に日本国民がたどった激動の時代であった。そうした中にあって、建物は権威や富の象徴としての一面もあったが、そこに住んだ人々にとっては心の疲れを癒すくつろぎの場であり、安らぎの場であった。それだけに、それらを設計した建築家や建設した施工者、依頼した施主には、それぞれの深い思いや愛着があったに違いない。本シリーズは、戦後75年を経た今でも各所に残る主な近代建築300棟を、建設当時の時代背景を交えながらカラー写真で紹介した書籍版「日本近代建築博物館」を目指したものである。幕末の開港以降、160年余の時空を超えて蘇る人々の「記憶」をじっくりと味わって頂きたい。

キーワード
ジャンル

書名
シリーズ
著者名
ISBN
978-4-336-  -X
発行年月
西暦  年  月 ~
西暦  年  月
在庫状況
表示順・件数