国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『ラスト・ストーリーズ』『ウィトゲンシュタインの愛人』『ダフォディルの花』が 本の雑誌1月号で紹介されました。

2020/12/17 パブリシティ

本の雑誌1月号で『ラスト・ストーリーズ』『ウィトゲンシュタインの愛人』『ダフォディルの花』が
紹介されました。

『ラスト・ストーリーズ』2020年度現代文学ベスト10 10位(佐久間文子氏/ライター)
「ふつうの、どちらかと言えば問題を抱えた人びとの繊細な声を探り当てる」
「それぞれの短篇の終わり方がこの作家ならではのもので、鮮やかに断ち切りつつ、同時に人生の
 物語は続くと感じさせ、ものすごい一手を撃ち込まれた感触がいつまでも残る」

『ラスト・ストーリーズ』2020年私のベスト3(田口久美子氏/書店員、作家)
「アイルランドは短編小説の宝庫といわれているらしい。その筆頭にトレヴァーがいるという」
「普通の人の普通の人生がここにある」

『ウィトゲンシュタインの愛人』2020年度SFベスト10 8位(鏡明氏/小説家)
「人類最後の女が思い出を書き残すという設定だが(中略)その過程で過去の名画を燃やして暖をとる。
 他に燃やすものがあるだろうとも思うが、それは最後の人間が清算すべきものの象徴のように思う」
「妙にわくわくするところがある。昔のSFもそうだった」

『ダフォディルの花』2020年私のベスト3(紀田順一郎氏/評論家、小説家)
「伝説や民話、寓話や神話を背景に、きわめて格調の高い文体で独創的な物語を紡ぐ」
「装丁も溜息の出るほど美しい」

本の雑誌 HP
http://www.webdoku.jp/honshi/2021/1-201201101611.html


9784336070326.jpg
ウィリアム・トレヴァー/栩木伸明 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
トレヴァー、最後にして最高の完成度を誇る短篇集。一人の男を愛した
幼馴染の女二人が再会する「カフェ・ダライアで」、ストーカー話が被害
者と加害者の立場から巧みに描かれる「世間話」など全10篇収録。


9784336066572.jpg
デイヴィッド・マークソン/木原善彦 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
地上最後の一人の女性が、海辺の家で暮らしながら、終末世界の
「非日常的な日常」をタイプライターで書き綴る......息をのむほど
美しい〈アメリカ実験小説の最高到達点〉。推薦=柴田元幸・若島正。


9784336066770.jpg
ケネス・モリス/館野浩美・中野善夫 訳
定価 4,180円(本体価格3,800円)
ル゠グウィンがトールキンやエディスンと並べ、名文家として名を
挙げた、ケルトの魔法を歌う詩人にして神智学者である作家、ケネス・
モリス。の幻想小説を百年の時を経て集成した本邦初の単行本。


最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月