国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『紋章と時間』が群像7月号で紹介されました。

2018/06/12 パブリシティ

群像7月号で『紋章と時間』が紹介されました。


評者は作家の高原英里氏。
「諏訪という作家がどう始まりどうあがき、どうした営為をどうした意思で続けているかが
  刻々と読まれるもの」
「その面白さはやはり一作家の言説ドキュメント」
「「芸術としての小説」は存在すると(ドン・キホーテ的にであっても)信じ実践するつもりの人、
  あるいは「書くこと」を原理的に考えようと思う人には、是非この論集を読むことを勧めたい」


9784336062499.jpg
『紋章と時間 諏訪哲史文学芸術論集』
諏訪哲史 著 
定価 3,888円(本体価格3,600円)
小説とマイナー文学を論じ、澁澤、種村、ランボー、カフカ、春樹、
Q作、西脇、中也、シモン、あがた森魚、中島らもについて語り尽くす。
書下ろし「言語芸術論」と多和田葉子・谷川渥との対談も収録。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月