国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『紋章と時間』刊行記念 諏訪哲史さんトーク&サイン会〈4/7(土)〉

2018/03/13 イベント

芥川賞作家であり、『種村季弘傑作撰』や『新編 日本幻想文学集成』の優れた編纂、文学から芸術全般
を幅広く論じる批評でも知られる諏訪哲史さん。
待望の本格評論集『紋章と時間 諏訪哲史文学芸術論集』の上梓を記念して、地元・名古屋で、トーク
&サイン会を開催いたします。



 第147回 丸善ゼミナール
『紋章と時間』刊行記念 諏訪哲史さんトーク&サイン会
 「失われた時(イマージュ)を求めて
――作家・諏訪哲史、言語芸術を語る」
◆日時:2018年4月7日(土)15時~16時
◆場所:MARUZEN 名古屋本店 1F特設会場
    愛知県名古屋市中区栄三丁目8番14号
    電話:052-238-0320
◆参加費:無料(要整理券)
[お申込み方法]
 3/23発売予定の『紋章と時間』(国書刊行会/税込3,888円)を、MARUZEN 名古屋本店でご購入の
 お客様に整理券をお渡しいたします。発売日まではご予約注文を承ります。

【イベント詳細ページ】
https://honto.jp/store/news/detail_041000024801.html?shgcd=HB300


《プロフィール》
諏訪哲史(スワテツシ)
1969年名古屋市生まれ。國學院大学文学部哲学科卒業。恩師は独文学者の故種村季弘。
2007年小説「アサッテの人」で群像新人文学賞・芥川賞受賞。
著書に『アサッテの人』『りすん』『ロンバルディア遠景』(すべて講談社刊)、『領土』(新潮社)ほか。


『紋章と時間
  諏訪哲史文学芸術論集』
諏訪哲史 著
定価 3,888円(本体価格3,600円)
小説とマイナー文学を論じ、澁澤、種村、ランボー、カフカ、春樹、Q作、
西脇、中也、シモン、あがた森魚、中島らもについて語り尽くす。
書下ろし「言語芸術論」と多和田葉子・谷川渥との対談も収録。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月