1. トップページ > 
  2. 仏教一般 > 
  3. きりえ仏教かみしばい

キリエブッキョウカミシバイ

きりえ仏教かみしばい

ともしえ 作

発売日 2015/02/20

版型 変型 / ISBN 978-4-336-05876-8

ページ数 21 / Cコード C8714

価格 12,420円 (本体価格11,500円)

ポイント 575ポイント (本体価格の5%)

※在庫あり

  • ※会員登録し、ログインするとご購入いただけます。
  • ※寺院様向け専用サイトとなっており、一般の方の会員登録はお受けできません。
  • 音楽とナレーション、そして「切り絵」に光をあてて演じられる影絵芝居。不思議な魅力にあふれ、学校やカフェなどで大変好評の僧侶による紙芝居グループ「ともしえ」の世界を手軽に味わってもらうため、この紙芝居は生まれました。「切り絵」に美しい着色をほどこし、力強い脚本を付した、だれでもどこでも演じられる、本邦初の仏教「切り絵かみしばい」―。子どもも大人も愉しめる、そして「おしゃかさま」の深い教えへとみちびく、美しい「切り絵」によるものがたり世界へようこそ。

    『うまれたひ』
    この物語はお釈迦様誕生の物語を題材に作成したものです。
    子供たちだけでなく大人も一緒に楽しんでいただけるような4月8日のお話です。

    『しもんしゅつゆう』
    四門出遊というお釈迦様が出家をされた場面を題材に、ともしえなりのアレンジを加えて作成しました。
    主人公はお釈迦様だけではありません。一人の少女の生老病死とのであいが、この物語では描かれています。
    生と死の現実を知らされ悲しみ苦しむ少女に、さとりを開かれたお釈迦様はどのようなお言葉をかけられるのでしょうか。

    内容紹介サンプル1

    内容紹介サンプル2

仏教一般の本