1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. アジア文学 > 
  4. 陳義芝・焦桐・許悔之

陳義芝・焦桐・許悔之

発売日 2004/02/16

判型 四六判   ISBN 978-4-336-04623-9

ページ数 304 頁   

定価 3,024円 (本体価格2,800円)

内容紹介

中国大陸での文学活動が逼塞していた時代に、めざましい展開を見せ、中国詩史のミッシングリンクを形成した台湾現代詩。その中心となって活躍する詩人達の自選詩集。

著者紹介

松浦恆雄 (マツウラツネオ)

一九五七年、大阪府生まれ。神戸大学大学院修士課程修了。大阪市立大学大学院文学研究科助教授。著書に、『中国のプロパガンダ芸術』(共著、岩波書店)などがある。

上田哲二 (ウエダテツジ)

1954年、大阪府生まれ。ワシントン大学(シアトル)大学院修士課程修了。現在、大阪大学大学院博士後期課程。論文に「記憶と想像のゆらぎ―余光中における郷土の位相―」(大阪大学『言語文化学Vol.12』など、訳書に『台湾現代詩集』(共訳、国書刊行会)などがある。

島田順子 (シマダジュンコ)

1959年、大阪府生まれ。神戸市外国語大学卒業、大阪外国語大学大学院博士後期課程修了。現在、大阪外国語大学他、非常勤講師。論文に「分裂と多重性―聶華苓『桑青與桃紅』」(『現代中国』第77号)などがある。

同じ著者・訳者の作品

楊牧・余光中・鄭愁予・白萩

中国大陸での文学活動が逼塞していた時代に、めざましい展開を見せ、中国詩史のミッシ…

李魁賢・李敏勇・路寒袖

中国大陸での文学活動が逼塞していた時代に、めざましい展開を見せ、中国詩史のミッシ…

客家の女たち

故国を離れてもその独特の習俗・言語を守り続けて生きる民族集団「客家」。鍾理和の「…


ページトップへ