1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. イギリスの郵便馬車ほか
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. イギリスの郵便馬車ほか

イギリスのユウビンバシャホカ

イギリスの郵便馬車ほか

発売日 1998/02/19

判型 A5判   ISBN 978-4-336-03702-2

ページ数 570 頁   

定価 9,072円 (本体価格8,400円)

内容紹介

壮麗な夢のフーガ『イギリスの郵便馬車』、想像の伝記『イマーヌエル・カントの最後の日々』『ジャンヌ・ダルク』、他に『異教の神託』『秘密結社』『イスカリオテのユダ』『卜籤と占星術』等を収録。

著者紹介

トマス・ド・クインシー (トマスドクインシー)

1785年、マンチェスターに生まれる。グラマースクールから逃亡し北ウェールズとロンドンを放浪。この間に阿片を使用し始める。1827年に『藝術の一分野として見た殺人』『イマーヌエル・カントの最期の日々』を発表。19世紀イギリス・ロマン派のなかで特異な散文家として独自の光輝を放ち、ボードレールやボルヘスらに絶大な影響を与えた。1859年没。

高松雄一 (タカマツユウイチ)

1929年生まれ。駒澤大学教授。主要著訳書に『シェイクスピア「恋人の嘆き」とその周辺』、ジョイス『ダブリン市民』同『ユリシーズ』等がある。

同じ著者・訳者の作品

エスパニヤ尼侠伝ほか

ゴシック・ロマンスからユーモア小説まで、多彩な物語小説6篇。『悪魔の骰子』『クロ…

湖水地方と湖畔詩人の思い出

ワーズワス、コウルリッジ、サウジーら、ド・クインシーが親しく交わったロマン派文人…

英吉利阿片服用者の告白ほか

アヘンの特殊な力を用いて、人間の夢の崇高さを開示する半自伝的作品『英吉利阿片服用…


>> もっと見る

ページトップへ