1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. エスパニヤ尼侠伝ほか
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. エスパニヤ尼侠伝ほか

エスパニヤ尼侠伝ほか

発売日 2002/04/15

判型 A5判   ISBN 978-4-336-03703-9

ページ数 564 頁   

定価 9,288円 (本体価格8,600円)

内容紹介

ゴシック・ロマンスからユーモア小説まで、多彩な物語小説6篇。『悪魔の骰子』『クロースターハイム』『ハイチの王様』『復讐者』『エスパニヤ尼侠伝』『タタール人の反乱』。付=ド・クインシー小伝。

著者紹介

トマス・ド・クインシー (トマスドクインシー)

1785年、マンチェスターに生まれる。グラマースクールから逃亡し北ウェールズとロンドンを放浪。この間に阿片を使用し始める。1827年に『藝術の一分野として見た殺人』『イマーヌエル・カントの最期の日々』を発表。19世紀イギリス・ロマン派のなかで特異な散文家として独自の光輝を放ち、ボードレールやボルヘスらに絶大な影響を与えた。1859年没。

南條竹則 (ナンジョウタケノリ)

1958年生れ。作家、翻訳家。主要著訳書――『酒仙』(新潮社)、『虚空の華』(筑摩書房)、A・マッケン『輝く金字塔』(国書刊行会)。

同じ著者・訳者の作品

完訳・エリア随筆Ⅳ

古今東西におけるエッセー文学の最高峰、ラムの「エリア随筆」新訳が、待望の完結なる…

完訳・エリア随筆Ⅲ

古今東西におけるエッセー文学の最高峰。第3巻は、定年サラリーマンの悲哀を綴った名…

完訳・エリア随筆Ⅱ

古今東西におけるエッセー文学の最高峰、ラムの「エリア随筆」待望の新訳。望みうる最…


>> もっと見る

ページトップへ