1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ミステリ > 
  4. 第二の銃声

ダイニノジュウセイ

第二の銃声

発売日 1998/01/13

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-03672-8

ページ数 354 頁   

定価 2,516円 (本体価格2,330円)

内容紹介

探偵作家の邸で行なわれた殺人劇の最中、本物の死体が転がり出した。殺されたのは名うてのプレイボーイ。現場の誰もが動機を持っていた。二転三転する展開、巧妙なプロットと驚くべき結末。

著者紹介

アントニイ・バークリー (アントニイバークリー)

1893年~1971年。オクスフォード大学卒業後、第一次世界大戦に陸軍大尉として従軍。その後雑誌『パンチ』の常連寄稿家としてユーモア小説などを発表し、1925年に「?」名義で出版した『レイトン・コートの謎』が評判となる。以降革新的な作風で推理小説を量産、人気を博した。

西崎憲 (ニシザキケン)

1955年青森県生まれ。作家、翻訳家、アンソロジスト、音楽レーベル主宰。著書に『世界の果ての庭』(東京創元社)、『蕃東国年代記』(新潮社)『ゆみに町ガイドブック』(河出書房新社)、『飛行士と東京の雨の森』(筑摩書房)。訳書にA・バークリー『第二の銃声』(東京創元社)、『ヴァージニア・ウルフ短篇集』G・K・チェスタトン『四人の申し分なき重罪人』『エドガー・アラン・ポー短篇集』『ヘミングウェイ短篇集』(以上ちくま文庫)編訳書に『短篇小説日和』『怪奇小説日和』(ちくま文庫)がある。

同じ著者・訳者の作品

ピース

ピース

ジーン・ウルフ
西崎憲館野浩美

定価2,592円(税込)

『ケルベロス第五の首』の巨匠ウルフ、初期傑作長篇がついに刊行。美しい謎につつまれ…

レイトン・コートの謎

ある夏の日の朝、額を撃ち抜かれた実業家の死体が書斎で発見された。警察の見解は自殺…

ジャンピング・ジェニイ

人気作家の家で開かれた仮装パーティの席上、過激な言動で周囲の顰蹙をかっていた女性…


>> もっと見る

ページトップへ