1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 東欧・北欧文学 > 
  4. トランス=アトランティック

トランスアトランティック

トランス=アトランティック

発売日 2004/09/27

判型 四六判   ISBN 978-4-336-03594-3

ページ数 293 頁   Cコード 0397

定価 2,808円 (本体価格2,600円)

内容紹介

ブエノスアイレスで大戦勃発の報をきいたポーランド人作家が味わう亡国の悲哀とグロテスクな体験を戯画的手法で描いた代表作「トランスアトランティック」と、奇怪な幻想と黒い笑いをたたえた短篇を収録。

著者紹介

W.ゴンブローヴィッチ (ヴィトルドゴンブローヴィッチ)

西成彦 (ニシマサヒコ)

1955年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中途退学。現在、立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。
著書に、『固体化する欲望』(朝日出版社)、『マゾヒズムと警察』(筑摩書房)、『移動文学論Ⅰ イディッシュ』(作品社)、『ラフカディオ・ハーンの耳』(岩波同時代ライブラリー)、『耳の悦楽』(紀伊國屋書店)、『〔新編〕森のゲリラ宮澤賢治』(平凡社ライブラリー)などが、共訳書に、レム『虚数』(国書刊行会)、『文学の贈物』(未知谷)などがある。

同じ著者・訳者の作品

虚数

ビット文学の歴史、未来言語による百科事典、細菌の未来学、コンピュータGOLEMの…


ページトップへ