1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ロシア文学 > 
  4. キノ 

キノ

キノ 

映像言語の創造  

発売日 1994/09/21

判型 A5判   ISBN 978-4-336-03073-3

ページ数 520 頁   

定価 5,558円 (本体価格5,146円)

内容紹介

アヴァンギャルド芸術家はカメラを武器に現実の新たな組替えという大いなる実験に立ち向かった。エイゼンシテイン、ヴェルトフ、マヤコフスキイらによる新しい現実の発見と創造の過程をみる。

著者紹介

大石雅彦 (オオイシマサヒコ)

1953年静岡県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。早稲田大学文化構想学部教授。

田中陽 (タナカヨウ)

同じ著者・訳者の作品

ポエジア 

革命の中核は文化革命であり、文化革命の中核は詩的言語の革命である――詩的言語のユ…

レフ 

革命は独自な知のアレンジメントを獲得し、それは雑誌となって現れた。最強の雑誌エネ…

フォルマリズム 

フォルマリストの基本文献論争関係、運動の記録、さらに現代の記号論をも網羅。約40…


ページトップへ