1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ロシア文学 > 
  4. ポエジア 

ポエジア

ポエジア 

言葉の復活  

発売日 1995/07/04

判型 A5判   ISBN 978-4-336-03075-7

ページ数 416 頁   

定価 4,509円 (本体価格4,175円)

内容紹介

革命の中核は文化革命であり、文化革命の中核は詩的言語の革命である――詩的言語のユートピアを夢みた〈立体=未来派〉。既成の言語を全否定し、新たな言語を構築しようとした彼らの夢は今も健在である。

著者紹介

大石雅彦 (オオイシマサヒコ)

1953年静岡県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。早稲田大学文化構想学部教授。

亀山郁夫 (カメヤマイクオ)

一九四九年、栃木県生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。現在、東京外国語大学教授。著書に、『甦えるフレーブニコフ』(晶文社)、『終末と革命のロシア・ルネサンス』(岩波書店)、『ロシア・アヴァンギャルド』(岩波新書)などがある。

同じ著者・訳者の作品

現代ロシア文化

グロイス、エプシテイン、ルィクリン、カバコフ……。ソ連邦崩壊後のロシアで何が起こ…

愛

唐突に開始される殺戮、あまりにもグロテスクな描写、簡単に切り離される身体……。「…

土台穴

1920年代の旧ソ連を舞台に、社会主義国家の建設をグロテスクに諷刺した中篇。理想…


>> もっと見る

ページトップへ