1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. イタリア文学 > 
  4. パピーニ  

パピーニ  

パピーニ  

逃げてゆく鏡  

発売日 1992/12/21

判型 A5変型判   ISBN 978-4-336-03050-4

ページ数 192 頁   

定価 1,888円 (本体価格1,748円)

内容紹介

分裂する自我、死、自殺、鏡の反映のうちに逃げてゆく「時」 哲学者、思想家、批評家、詩人、小説家、未来主義者、ファシスト、宗教界への罵声の限りをつくしたのちに回心したキリスト者……多彩な肩書きをもつパピーニが、ジャン・ファルコのペンネームで発表した知られざる幻想怪奇小説。表題作のほか、『完全に馬鹿げた物語』『〈病める紳士〉の最後の訪問』『もはやいまのままのわたしではいたくない』『魂を乞う者』『身代わりの自殺』等全十篇。

著者紹介

パピーニ (パピーニ)

1881-1956。イタリアの小説家・批評家。未来派運動に参加。主な作品に「行きづまった男」「キリスト伝」がある。

河島英昭 (カワシマヒデアキ)

パピーニ  


*品切増刷未定

ページトップへ