1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 怪奇・ホラー > 
  4. 淋しい場所

サビシイバショ

淋しい場所

発売日 1987/07/12

判型 B6変型判   ISBN 978-4-336-02654-5

定価 2,160円 (本体価格2,000円)

内容紹介

少年期を彼方に振り向く時、黄金に輝く黄昏と愛の溶けた闇が広がっている――〈ノスタルジアの詩人〉ダーレスが、幻想に親しさの、恐怖にやさしさのあることを密かに訴える珠玉の短篇全18篇を収録。

著者紹介

オーガスト・ダーレス (オーガスト・ダーレス)

1909年~1971年。ウィスコンシン大学を卒業後、生前不遇であったラヴクラフトの作品集の出版が目的の出版社「アーカム・ハウス」を設立する一方、SF・推理・ホラー作家として活躍する。

森広雅子 (モリヒロマサコ)

1955年生まれ。東京大学文学部卒業。翻訳家。

淋しい場所


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

ラトクリフ街道の殺人

ある冬の夜、平和な一家を突如襲った恐るべき死。姿なき殺人鬼の跳粱に人々は恐怖した…


ページトップへ