1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ドイツ文学 > 
  4. 動物園の麒麟

ドウブツエンノキリン

動物園の麒麟

―リンゲルナッツ抄―  

発売日 1988/03/14

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02459-6

ページ数 242 頁   

定価 2,484円 (本体価格2,300円)

内容紹介

“リンゲルナッツは、物の見方を、この世界の秘密をおしえてくれた、路上の学校の先生だった。(長田弘)”
茶目っ気あふれる優しい寄席詩人の詩71篇に、入院日誌と略年譜を併録。詩人自ら描いた挿画も収録。

著者紹介

J・リンゲルナッツ (ヨアヒムリンゲルナッツ)

ドイツの詩人。ザクセンのウルツェンに生まれる。本名ハンス・ベティヒャー。水夫・店員見習い・商社勤めのかたわら、ミュンヘン、ベルリンの酒場や劇場で自作の詩を朗読する寄席芸人であった。画家としても展覧会を開く。著書に『見習い水夫日記』『嗅ぎ煙草入れ』『誰もが生きている』などがある。

板倉鞆音 (イタクラトモネ)

1907年生まれ。京都大学文学部卒。愛知大学名誉教授。訳詩集『運河の岸辺』『リンゲルナッツ詩集』『ケストナァ詩集』等がある。

ページトップへ