1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. おどけ草紙

オドケソウシ

おどけ草紙

発売日 1987/06/22

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02457-2

ページ数 258 頁   

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

内容紹介

バルザックがラブレーの精神に思いをひそめ、古文を模して綴った中世を舞台にした小噺集。神西清はこの奇書を翻訳するにあたって文禄期のキリシタン言葉を用いた。翻訳文学の金字塔。ドレの挿絵入り。

著者紹介

オノレ・ド・バルザック (オノレ・ド・バルザック)

1799年~1850年。フランスの作家。19世紀ロシア文学のさきがけとなった90篇の長編・短編からなる写実的小説群『人間喜劇』を執筆し、怪奇・幻想的な作品も執筆するなど多彩に活躍。豪放な私生活も伝説的に語り継がれている。

神西清 (ジンザイキヨシ)

同じ著者・訳者の作品

セラフィタ

スウェーデンボリの神秘思想の影の下に、天使にしてエルマフロディットの謎めいた昇天…

両性具有

本邦初のアンドロギュヌス文学集。カストラートを主人公にしたバルザックの中篇「サラ…


ページトップへ