国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『インディゴ』著者クレメンス・J・ゼッツ氏オンライン講演&ワークショップ開催〈9/25(土)〉

2021/09/24 イベント

オーストリアの作家クレメンス・J・ゼッツ(1982年生)は、デジタル化された情報社会を生きる
人間の在りかた、認識の変容についてつねに深い考察を行い、新しい文学の形を次々と提案
しています。2019年ベルリン文学賞、2020年クライスト賞、2021年ビューヒナー賞とドイツ語
圏の主要な文学賞を総なめにしている話題の作家の個々の作品を手がかりに、ドイツ文学研
究者たちがアプローチの可能性を探り、作家自身も本テーマを俎上に載せて講演を行います。
(ゲーテ・インスティトゥートHPより)

◆日時:2021年9月25日(土) 15:30~
◆参加方法:オンライン
      ※ZOOMでの視聴となります。イベント詳細ページをご確認の上ご参加ください。
      ※事前申込不要、参加費無料。

イベント詳細ページ
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/sta/tok/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_id=22324703


【プログラム】 
第一部   日本語発表(ドイツ語要旨配布あり)
15:30 開会の言葉
15:45 犬飼 彩乃(東京都立大学 助教)
     クレメンス・J・ゼッツ『インディゴ』にみる世界の限界とフィクションの可能性
16:15 眞鍋 正紀(東海大学 准教授)
     『女とギターのあいだの時間』を《前後撞着》と《アレンジメント》のあいだから読む
17:00 福岡 麻子(東京都立大学 准教授)
     〈異〉なものを名づける ――クレメンス・J・ゼッツ『二人の兄弟 1988』における破局のディスクール
17:30 粂田 文(慶應義塾大学 准教授)
      "Till"と"Tyll"  ----語りの技術としての "バタフライ効果"
     クレメンス・J・ゼッツとダニエル・ケールマンによる『ティル・オイレンシュピーゲル』 の焼き直し
18:00 休憩

第二部   ドイツ語発表(同時通訳あり)
18:30 レオポルト・シュレンドルフ(東京都立大学 准教授)
     Mimetische Gewalt in Clemens J. Setz' „Till Eulenspiegel"-Adaption
     (クレメンス・J・ゼッツ『ティル・オイレンシュピーゲル』翻案における身振りの暴力)
19:00 クレメンス・J・ゼッツ (作家)
     トランスヒューマニズムについて(仮)
19:30 休憩
19:45 Q&A


9784336070890.jpg
クレメンス・J・ゼッツ/犬飼彩乃 訳
定価 3,520円(本体価格3,200円)
謎多き病、消息を絶つ子供たち......その謎を探ろうとして解雇された
数学教師は果たして犯罪に手を染めたのか? 15年後、かつての教え
子は真相を追いかけていく。神童ゼッツによる傑作長篇がついに邦訳!

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2021年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月