国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『骸骨』『海の鎖』が小説推理10月号で紹介されました。

2021/09/02 パブリシティ

小説推理10月号で『骸骨』『海の鎖』が紹介されました。

『骸骨』の評者はアンソロジストの東雅夫氏。
「表題作の「骸骨」は、恨みをのんで死んだ男が死後、仇敵に復讐を果たす物語。短い作品だが、
  実話の趣が漂うのが良い」
「ブラッドベリの〈黄昏の国〉に先駆けた「人影」や、恐怖感鋭い〈山の怪談〉の逸品「牧場小屋の
 女」、巻末に据えられたケルト趣味満点の中編「ブルターニュのマルヴィーナ」まで、作者の才人
  ぶりを窺わせる、全17篇」

『海の鎖』の評者は作家、評論家の森下一仁氏。
「60年間に及ぶ訳業の中で忘れ得ないものを、伊藤さん自身が精選したとあっては見逃すことが
  できません」
「読み応えのある作品ばかりなのは、さすが」


9784336072061.jpg
ジェローム・K・ジェローム/中野善夫 訳
定価 4,180円(本体価格3,800円)
英国屈指のユーモア作家による異色作品集。ユーモア溢れる幽霊小説、
もの怖ろしい怪奇小説、美しい幻想小説、不思議な現代ファンタジイ、数
千年の時を跨ぐケルト・ファンタジイ等、多彩な味わいの17篇。


9784336053251.jpg
ガードナー・R・ドゾワ 他著/伊藤典夫 訳
定価 2,860円(本体価格2,600円)
最後の危険なアンソロジーがついに登場!  破滅SFの傑作として
名高い表題作のほか、 日本を代表するSF翻訳家:伊藤典夫が独自
の審美眼で精選した全8篇。 これにて〈未来の文学〉シリーズ完結。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2021年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月