国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『近現代日本の民間精神療法』『怪異の表象空間』が近代仏教28号で紹介されました。

2021/07/01 パブリシティ

学会誌近代仏教28号で『近現代日本の民間精神療法』『怪異の表象空間』が紹介されました。

『近現代日本の民間精神療法』の評者は國學院大學神道文化学部助教の大道晴香氏。
「本書に収録された論文は、いずれも近代知を揺さぶるそうした民間精神療法の有効性を
  多分に意識していると言えよう」
「末部にある「Ⅳ 民間精神療法主要人物および著作ガイド」は、この時代区分に即して代
  表的な療法家(霊術家)たちを取り上げ、彼らの略歴と主要著作を個別具体的に紹介す
  るパートとなっている。(中略)総勢48」名のキーマンに関するまとまった情報は大変に貴
  重である」

『怪異の表象空間』は〈新刊紹介〉で取り上げられています。
「心霊学研究などで知られる著者の新しい論集」
「「語られる」怪異の変遷をたどることができる」
「新たな発見もあり興味深い」


9784336063809.jpg
栗田英彦・塚田穂高・吉永進一 編
定価 4,400円(本体価格4,000円)
霊術・精神療法は、明治以降に流入したエネルギー概念や心身技法と
伝統的宗教技法が融合して生み出された〈近代化された呪術〉。その
技法と思想の系譜をグローバルな視点からひも解くオカルトヒストリー。


9784336065773.jpg
一柳廣孝
定価 3,960円(本体価格3,600円)
日本の近現代は怪異とどう向き合ってきたのか。明治期の怪談の流行
から1970年代のオカルトブーム、そして現代のポップカルチャーまで、
怪異が紡いできた日本の文化表象を多角的視座から探究する。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2021年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月