国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『山の人魚と虚ろの王』が各紙で紹介されました。

2021/04/14 パブリシティ

・山陽新聞4/13付
 著者山尾悠子氏のインタビューを中心に紹介されています。
 「秘密めいた箱入りの装丁が、その独特の世界観を象徴する」
 「着想のきっかけにもなったフランスの画家オディロン・ルドンの版画「夢のなかで 幻視」。
      巨大な眼球の下を男女が走る神秘的な作品で、「新婚旅行の末にこの場面にたどり着くような
      お話を書いてみようと思った」と山尾さん」
 「濃密でな言葉でつむがれる数奇な場面が絡まり合い、過去と現在、夢とうつつはあいまいに」


・北海道新聞4/11付
 評者は文芸評論家の石堂藍氏。
 「独特の幻想世界を切り拓く著者の作品は、語りの技巧において、それほど単純ではない」
 「本書の読み方は、一意には定まらない。現実とは微妙に異なる世界を舞台にした超自然的な
      冒険の物語、それとも夢の記述」
 「ただ味わえと投げ出された幻想的な世界だと見てもよいし、読み解かれるべき象徴に満ちた
      物語だと受け取ってもよい。さまざまな読みを可能にする奥行きの深い作品世界」

 どうしん電子版
 https://www.hokkaido-np.co.jp/article/532105


9784336070999.jpg
山尾悠子
定価 2,640円(本体価格2,400円)
風変わりな若い妻を迎えた男。 秋の新婚の旅は〈夜の宮殿〉
その他の街を経て、機械の山へ。 圧倒的なイメジャリーに満ち
た驚異と蠱惑の旅のものがたり。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2021年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月