国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

第七回日本翻訳大賞の二次選考対象作品に『言葉の守り人』が選出されました。

2021/02/16 トピックス

第七回日本翻訳大賞の二次選考対象作品に『言葉の守り人』が選出されました。
推薦いただいた皆様、誠にありがとうございました。
最終選考の対象となる5作品は、3月下旬に決定予定です。

日本翻訳大賞 公式HP
https://besttranslationaward.wordpress.com/2021/02/16/no7-nizi-list/


日本翻訳大賞とは......
12月1日~翌年の12月末までの13ヶ月間に発表された翻訳作品中、最も賞讃したいものに贈る賞。
一般読者の支援を受けて運営し、選考にも読者の参加を仰ぐ。
第七回の選考委員は岸本佐知子・斎藤真理子・柴田元幸・西崎憲・松永美穂。
第六回からゲスト審査員として斎藤真理子が加わった。

【選考過程】
・1次選考
 ウェブ上で一般読者の推薦を仰ぐ。推薦希望者は、専用フォームを使って投票する。
 1人1冊の推薦が可能。これにより、上位10冊を選出。加えて、選考委員それぞれが
 無記名で1冊ずつ推薦本をあげて6冊を選出。合計16冊を2次選考へ。
・2次選考
 1次選考で選ばれた16冊を、 選考委員が吟味のうえ投票し、5冊にしぼる。
・最終選考
 5作品を全員で討議のうえ、大賞を決定する。大賞は1作品(または2作品)。受賞作なしもあり得る


9784336065667.jpg
『言葉の守り人』 〈新しいマヤの文学〉
ホルヘ・ミゲル・ココム・ペッチ/エンリケ・トラルバ 画/吉田栄人 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
「ぼく」は《言葉の守り人》になるために、おじいさんとともに夜の森へ修行に
出かける。不思議な鳥たちとの邂逅、風の精霊の召喚儀式、蛇神の夢と幻
影の試練......神話の森を舞台に少年が受ける通過儀礼と成長を描いた、呪
術的マヤ・ファンタジー。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2021年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月