国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『サンソン回想録』が各紙で紹介されました。

2021/02/03 パブリシティ

・1/29付週刊読書人
 評者は武蔵大学名誉教授の私市保彦氏。
 「『回想録』と銘打っているとはいえ、多くの部分はバルザックの創作ではないかとも推測されている」
 「法学部で学んだ法律家としての眼力を持ち、社会の矛盾のドラマを描きはじめることになるいかに
   もバルザックらしい分析」
 「バルザックの小説に垣間見せる「恐怖」の美学の原点がこの『回想録』にあることを思い知らされる」


・1/24付中国新聞、河北新報、1/10付神奈川新聞、山形新聞、岐阜新聞、静岡新聞、長崎新聞、南日本新聞、
 1/9付山陰中央新報、1/3琉球新報、12/27大分合同新聞、上毛新聞、愛媛新聞、徳島新聞
 評者は作家の小野正嗣氏。
 「特権的でありながら呪われた職業にまつわるさまざまな逸話を語る」
 「読んでいて飽きないのは、この回想録を描いたのが19世紀フランスの文豪バルザックだからか」
 「死刑執行人制度について徹底的に調査し、実在の人物、サンソンになりきって語る。(中略)
   映像が目に浮かび、場にふさわしい効果音と音楽が聞こえてきそうな描写は、俗っぽさと崇高
   さが混在し、まさにバルザック!」


9784336066510.jpg
オノレ・ド・バルザック/安達正勝 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
パリの死刑執行人としてルイ16世らを手にかけた男、シャルル=アンリ・サンソン。
サンソン家代々の資料と直接取材を基に文豪バルザックが描く、革命期を生きた
死刑執行人の物語を、待望の本邦初訳!

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2021年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月