国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『怪異の表象空間』が名古屋大学国語国文学113号で紹介されました。

2021/02/01 パブリシティ

学会誌「名古屋大学国語国文学」113号で『怪異の表象空間』が紹介されました。
評者は椙山女学園大学准教授の広瀬正浩氏。
「サブカルチャー的なものに対する素朴な興味も共有しつつ、それらを「非科学的」「非現実的」
  「妄想的」そして「サブカルチャー的」などと周縁的なものとしてきた人々の認識の枠組みを
  「近代」の問題として引き受けるもの」
「怪異が自己認識や他者認識の問題であるならば、科学的な言説の境界にそれが存在している
  か否かにかかわらず、あるいはいわゆる「霊感」が強いか否かにかかわらず、あらゆる人々に
  とって当事者意識を持ちうる問題となる」

名古屋大学学術機関リポジトリ
https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=31099&item_no=1&page_id=28&block_id=27


9784336065773.jpg
一柳廣孝 著
定価 3,960円(本体価格3,600円)
日本の近現代は怪異とどう向き合ってきたのか。明治期の怪談の流行から
1970年代のオカルトブーム、そして現代のポップカルチャーまで、怪異が
紡いできた日本の文化表象を多角的視座から探究する。


最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2021年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月