国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

「新しいマヤの文学」が各紙で紹介されました。

2020/12/15 パブリシティ

・週刊読書人12/11付
 『女であるだけで』(江南亜美子氏/書評家)
 「支配とは何かという根源的な問いを深堀りした点で、ユニーク」
 「暴力夫を殺し、白人の法で裁かれるオノリーナの悲哀と逆襲。バイタリティに魅せられた」

・図書新聞12/19付
 「新しいマヤの文学」シリーズ(松本健二氏/ラテンアメリカ文学研究)
 「シリーズ計三冊は、日本におけるラテンアメリカ文学の枠組みを豊かに変容させた」
 「文字をもたない先住民の伝統文化は口承性という一言で片づけられがちであるが、聴覚情報を文学テクストという
   視覚情報に置き換える過程で作家はそれぞれ独自の工夫を凝らしている」

 『夜の舞・解毒草』(小池昌代氏/歌人)
 「この世界にはまだあった。こんなに自在にと飛び回る想像力が」

 『夜の舞・解毒草』(崎山政毅氏/ラテンアメリカ思想史・現代資本主義分析)
 「現代マヤ語で表現されたすぐれた文学作品翻訳シリーズの三作目」
 「先住民族研究の泰斗による訳によってわれわれに届けられる、世界文学の不可欠な一環としての
   マヤ語文学の世界をぜひ味わってほしい」


〈新しいマヤの文学〉 吉田栄人 編訳
9784336065650.jpg『女であるだけで』 
ソル・ケー・モオ
定価 2,640円(本体価格2,400円)
メキシコのある静かな村で起きた衝撃的な夫殺し事件。その背後にあったのは、
おそろしく理不尽で困難な事実の数々だった......先住民女性の夫殺しと恩赦を法廷
劇的に描いた、《世界文学》志向の新しい現代ラテンアメリカ文学×フェミニズム小説。


9784336065667.jpg
ホルヘ・ミゲル・ココム・ペッチ/エンリケ・トラルバ 画
定価 2,640円(本体価格2,400円)
「ぼく」は《言葉の守り人》になるために、おじいさんとともに夜の森へ修行に出か
ける。不思議な鳥たちとの邂逅、精霊の召喚儀式、蛇神の夢と幻影の試練......
神話の森を舞台に少年の通過儀礼と成長を描いた、呪術的マヤ・ファンタジー。


9784336065674.jpg
イサアク・エサウ・カリージョ・カン、アナ・パトリシア・マルティネス・フチン
定価 2,640円(本体価格2,400円)
薄幸な少女フロールが、不思議な女・小夜とともに父探しの旅に出る夢幻的作品
「夜の舞」と、死んだ女たちの霊魂が語る苦難に満ちた宿命と生活をペーソスとともに
寓話的に描く「解毒草」の2連作中編を収録した、マジックリアリズム的マヤ幻想小説集。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月