国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『ウィトゲンシュタインの愛人』『ラスト・ストーリーズ』がミステリマガジン11月号で紹介されました。

2020/09/29 パブリシティ

ミステリマガジン11月号で『ウィトゲンシュタインの愛人』『ラスト・ストーリーズ』が紹介されました。
いずれも評者は書評家の若林踏氏。

「「語ること」の本質を探り出すのが本作のテーマ」
「断片を拾っていくような感覚で読む小説」
「終盤にはミステリの興趣も織り込まれている」
(『ウィトゲンシュタインの愛人』)

「日常に潜む、ちょっとした屈折を描いていて印象深い」
「「ミセス・クラスソープ」は、三つの異なる語りが混在し、最後にその繋がりが判明するという、紛れ
 もないミステリの趣向を持った一篇」
(『ラスト・ストーリーズ』)


9784336066572.jpg
デイヴィッド・マークソン/木原善彦 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
地上最後の一人の女性が、海辺の家で暮らしながら、終末世界の
「非日常的な日常」をタイプライターで書き綴る......息をのむほど
美しい〈アメリカ実験小説の最高到達点〉。推薦=柴田元幸・若島正。


9784336070326.jpg
ウィリアム・トレヴァー/栩木伸明 訳
定価 2,640円(本体価格2,400円)
トレヴァー、最後にして最高の完成度を誇る短篇集。一人の男を愛し
た幼馴染の女二人が再会する「カフェ・ダライアで」、ストーカー話が被
害者と加害者の立場から巧みに描かれる「世間話」など全10篇収録。


最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月