国書刊行会

買物カゴを見る

最新ニュース

『怪異の表象空間』が週刊読書人7/24付で紹介されました。

2020/07/27 パブリシティ

週刊読書人7/24付で『怪異の表象空間』が紹介されました。
2020年上半期の収穫からの中で、日本近代文学研究の石原千秋氏、日本近現代学の日比嘉高氏が
取り上げてくださっています。

「やがて怪異は科学によって常識から排除される。それがむしろ今に至るまでサブカルチャー
 に生き残った過程だという」
「一柳怪異学の完成」
(石原千秋氏)

「近代文学研究の枠を超え、オカルト論、精神文化論の領域で幅広く活躍」
「怪異研究であると同時に優れた表象論、メディア論でもある」
日比嘉高氏)


9784336065773.jpg『怪異の表象空間 メディア・オカルト・サブカルチャー』
一柳廣孝
定価 3,960円(本体価格3,600円)
日本の近現代は怪異とどう向き合ってきたのか。明治期の
怪談の流行から1970年代のオカルトブーム、そして現代の
ポップカルチャーまで、怪異が紡いできた日本の文化表象
を多角的視座から探究する。

最新ニュース一覧へ戻る

カテゴリ

アーカイブ

2020年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2019年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011年
01月 02月 03月 04月 05月 06月
07月 08月 09月 10月 11月 12月